1/100 フルメカニクス ガンダムバルバトスルプス製作記 その2

ボチボチ進めている、1/100 フルメカニクス ガンダムバルバトスルプス。
とりあえず、パーツが多いんでフレームだけ先に完成させることにしました。

スポンサーリンク

 

ガンダムバルバトスルプスの改修をすすめる


バルバトスルプスのフレームは、ハイレゾリューションほどではないですが、パーツ数は多めです。

それでも、抜きの関係で造形が甘いところもあるので、手を加えていきます。

肩の赤丸のシリンダーは、どこにも繋がっていないダミー的な感じですが造形もダミー感が強いですね(´・ω・`)
目につきやすい所なのでパイプ的な感じになるように、下側を彫り込んでおきます。

 


また、足の爪は安全上でしょうけど、かなり丸い造形です。

ですので、ここはキッチリと尖らせました!

 


足の爪裏や、ソードメイスの肉抜きをパテで穴埋めしておきます。

ここでは、タミヤ 光硬化パテを使って穴埋めしました。

それにしても、足の裏はわかるんですがソードメイスの肉抜きは、ちょっとひどいな~と思いますね。

特に、持ち手の一番後ろのところまで肉抜きしているのは、ありえね~|д゚)

ここは、穴埋めするの結構めんどくさいですよ!

 


コトブキヤ ワイルドハンドを使うことにした、ハンドパーツ。

でも、一応キットのハンドパーツも使えるように作ろうかと思います。
そうすると、手甲パーツがないですからプラリペア 型取りくんを使って型を取ります。

それをウェーブ・エポキシパテ 軽量タイプを使って、必要な数だけ複製します。

ただ、ハンドパーツに関しては少し加工が必要ですんで、外装に合わせて後回しにします。

 

ガンダムバルバトスルプス フレームの塗装

ガンダムフレームを塗装します。


キットのデカールは使っていません。

正確には、マスキング代わりに使いましたけど(;^_^A

フレームはグレーの色違いを4色使って塗り分けました。
グレー部分は塗料に艶消し剤を混ぜて塗装して、メタリック部分は艶ありです。

デカールで金色のところや、爪はブラックの下地にスーパーメタリック スーパーアイアンで塗装しています。

エイハブ・リアクターやパイピングなどは、シルバーの下地に同じくスーパーメタリック スーパーアイアンを塗装しました。

シリンダーのシルバーは、フィニッシャーズカラー・クロームシルバーで塗装しています。

シリンダーのゴールドの部分は、ガイアカラー スターブライトゴールドで、塗装しました。

あとは、エナメルカラーのブラウンをベースにブラックと、グレーを足したもので墨入れしています。

スポンサーリンク

 

1/100 フルメカニクス ガンダムバルバトスルプス製作記 その2 まとめ


というわけで、フルメカニクス ガンダムバルバトスルプスは、まずはフレームのみ完成させました。

ハンドパーツに関しては、手甲を付けたり、ソードメイスを握れるように加工する必要があるんで、後回しですが(;’∀’)

出来上がってみたら、MG張りの密度感ですね!

ほんとは、正月休みの間に全部完成させたかったんですが、全然手が遅いですね(;^_^A
とりあえず、今月中には完成させたいな~と思いながら進めていきます!

スポンサーリンク