1/100 フルメカニクス ガンダムバルバトスルプス製作記 その3

一応、ガンダムフレームは出来たガンダムバルバトスルプス。
次は、外装と武器に取り掛かります。

スポンサーリンク

ガンダムバルバトスルプスの外装改修


ガンダムフレームに、被せていく感じになる外装パーツ。
造形的には悪くないのですが、色々な制約の関係からプラの厚みや尖ってない箇所があります。

やっぱり、ガンダムバルバトスルプスの刺々しい感じを出すには、このあたりは加工しておきたいところですね。
地味な作業ですが、最終的な見た目が違ってくることと思います。

とりあえず、頭部の外装やアンテナは安全対策されているので、ヤスって尖らせますよ!

 


首まわりの外装も、削って薄く加工します。
ところで、このパーツが曲者なんですよ!

 


説明書では、サラッと簡単に取り付け出来るように書いてますが。
まわりのパーツに、干渉しまくって中々取り付け出来ない(;´Д`A
クリアランスがタイトすぎです。

やっと、取り付け出来たときには、まわりの塗装がハゲハゲです。゚(゚´ω`゚)゚。

 


写真の赤マルのところ、シリンダーパーツが嵌るところを拡大加工しました。

これで、上から挟み込む感じで取り付け出来ます。

 


フロントアーマーも、丸いので鋭くしますよ。

 


そして、多くの人を悩ませる腰のスラスター。
思いっきり、挟み込みのモナカなんですよ(;´Д`A

 


自分は、写真のところでカット。
基部のパーツも加工して、後ハメ加工しました。

 

ハンドパーツの改修

ハンドパーツは、キット付属のもの制作していますが、アクション用にコトブキヤのワイルドハンドを使ったハンドパーツも制作。

 

平手、握り手、持ち手と、それぞれ2つの計6個あります。

 

手甲のパーツがないので、型取りしてエポキシパテで複製します。

結構、綺麗に型取りするのが難しい(;´Д`A

複製した後で、形を整えます。

 

左のワイルドハンドと右のキットのハンドパーツ。

キット付属のハンドパーツは、指の形状が違うので削ってツンツンに尖らせますよ!

しかし、キットの平手。

 

指の関節が一つ少ないんですよね。

なんでだろ?

スポンサーリンク

 

コトブキヤのワイルドハンド。

持ち手は、ライフルとかのグリップに合わせた形状です。

ですから、丸い棒を持てるように中を削ります。

後、加工している関係もあり、指を頻繁に外して武器を持たせるほどパーツの噛み合いも強くない。

ってことから、ソードメイスを差し込みで持てるように加工。

お尻のところを取り外し出来るようにしました。
 

1/100 フルメカニクス ガンダムバルバトスルプス製作記 その3まとめ

大体の改修は終わった感じの、ガンダムバルバトスルプス。
後は、細かいところの仕上げをすれば塗装に入れそうです(≧∀≦)

ガンダムバルバトスルプスの新形態登場には、ちょっと間に合わないですが(;´Д`A

スポンサーリンク