ガンプラ完成品レビュー、HG1/144 NZ-666 クシャトリヤ

HG1/144 NZ-666 クシャトリヤの完成品レビューです。
4枚のバインダーが特徴の大型キットですね!

スポンサーリンク

 

HG1/144 NZ-666 クシャトリヤ、改修


今回のクシャトリヤは、特に改修らしいことはしてないです。

それでも、唯一気になったのがハンドパーツです。
最近のバンダイは、緩く握ったハンドパーツが多いですが、クシャトリヤも漏れなく同じです。

で、ここで社外のハンドパーツに交換すればいいのですが、クシャトリヤは大型モビルスーツなので、合うサイズの物が中々無いんですよ!

最初に、目をつけたのはコトブキヤのハンドパーツ。
しかし、これが在庫が何処にもなくて手に入らない(。-∀-)

色々探して、次に見つけたのが次元ビルドナックルズ(丸)です。

これは、サイズが3種類入っているのですが、1番大きいLサイズがピッタリ!

写真の左と真ん中が次元ビルドナックルズですね。
ただ、そのままだとボールジョイントが小さいので、
ゼリー状の瞬間接着剤で太らせました(*^ω^*)

見栄の効いた平手が付属するし、値段も安いのでおすすめアイテムですね٩( ‘ω’ )و

 

HG1/144 NZ-666 クシャトリヤ、塗装

このクシャトリヤは、俗にいう簡単フィニッシュで制作しました。


しかし、流石に全く塗装無しではなくて、部分的には塗装しています。

 


バーニヤ、動力パイプ、バインダーアーム、メガ粒子砲など、部分的に塗装しています。

最終的に、ガイアのフラットクリアーでコートしてますが、メタリック系の塗装部分は光沢ありのままです。

 


エングレービング部分は、まずラッカー系のホワイトで塗装してから、エナメルの艶消しブラックで塗装。

エングレービング部分をエナメルシンナーで拭き取って再現しています。

 


あと、忘れてましたがファンネルも塗装しています。

ファンネルだけは、少し塗り方を変えましてシルバーで塗装したあと、ファンネルの本体側だけをクリアーグリーンで塗装しました(*^ω^*)

最後に、RGシナンジュ制作で余ったデカールを貼り付けて完成です!

スポンサーリンク

 

HG1/144 NZ-666 クシャトリヤ まとめ


1/144のHGながらボリュームがあって見映えがいい、クシャトリヤ。

ただ、大型キットながらディテールはHG基準なので、物足りなさが出てくるのも、事実ですね。

とはいえ、筋彫りとかは苦手なんで塗装の塗り分けで、情報量を増やして密度感を出しています。

最近は、この塗り分けを拘って作業していますかね(´ω`)
あとは、台座はアクションベースのジオン仕様をゴールドに塗装して使ってます。
お陰で、見応えのある状態になりましたね(о´∀`о)

スポンサーリンク