完成品レビュー、アオシマ1/24 高橋涼介 FC3SRX-7(箱根対決仕様)

今回は、アオシマ1/24 高橋涼介 FC3SRX-7(箱根対決仕様)を製作しました。

大幅な改修とかは無しのストレートな製作です。

アオシマ1/24 高橋涼介 FC3SRX-7(箱根対決仕様)の製作

アオシマさんのFC3S RX-7、キットの出来は悪くないです。

フロントバンパーやモール類が別パーツなので先に接着しておきました。

ホイールはちょっと奥まった感じだったので、そこは調整しましたね。

 

リアのGTウイングですが、あとから接着ではあるのですがピンなどありません。

塗装後にこのサイズをしっかり保持できるくらい接着しようとすると接着面が汚くなるであろうと・・・

 

0.5ミリの真鍮線でピンを作り、位置決めもしておきました。

軸打ちしておかないと絶対良い事にはならないぞ~これ。

 

アオシマ1/24 高橋涼介 FC3SRX-7(箱根対決仕様)の紹介


というわけで完成です。

前後のバンパーは多少のズレが発生するので擦り合わせ。

 


テールランプはベースはレッドのクリアーパーツ。

黒いフチは塗装しましたが、他はハセガワのフィニッシュシートを使いました。

裏のシルバーもフィニッシュシートです。

 


ボンネットはキットにカーボン調のデカールが付属していたのでチャレンジするも・・・

ダクト部分のデカールが全然馴染まず・・・

2枚のデカールなんで柄も揃わないしな~という事で、ブラックで塗装しちゃいました。

 

リアウイングも同じくブラック塗装。

 

そうそう、この箱根対決仕様ですが・・・この仕様でなんとノーマルシートなんですよねww

いやバケットシート付けてくださいよ!バケットシートだったでしょ?

というわけで、他のキットの物を部品注文して流用しました。

 


ストップランプはデカールではなく、クリアーパーツにしてほしかったな。

 

ホイールはオフセットを調整して面一に。

あと気持ちキャンバーを付けました。

 

忘れてましたが、フロントのブレーキキャリパーは大きい物に変更しました。

大きい方が、ほら!速そうじゃないですかww

 

ナンバープレートはネット検索で画像を入手して、プリンターで印刷した物を貼り付けました。

 

完成品レビュー、アオシマ1/24 高橋涼介 FC3SRX-7(箱根対決仕様)まとめ

というわけで、アオシマ1/24 高橋涼介 FC3SRX-7(箱根対決仕様)の紹介でした。

アオシマさんの頭文字Dシリーズは、まだ出してないのが沢山あるので出して欲しい所なんですが・・・

フジミさんのは絶版で手に入らないし、正直出来もイマイチなんですよな。

 

ここ最近、ちょっとカーモデルを作りましたが、やっぱり塗装が命ですな。

自分は研ぎ出し、そんなに頑張っていないんですが知り合いの方は凄く手間をかけてます。

クリアーも一日、一層ずつ塗装して乾燥。

中間の中研ぎも10000番までやってるとか・・・

 

自分はそこまで頑張ってないですね~

だって、そこまでやるのはシンドイもんww

 

いや、実際の車だってガラスコートとかコーティングを施工してないとそこまでピカピカじゃないし(;´Д`)

 

まあ、趣味ですから自分がシンドイとこまでやる必要は無し!

楽しんで作れれば良いのです~