フィギュアライズスタンダード、仮面ライダーファイズ製作記

再び!フィギュアライズスタンダードの仮面ライダーファイズを製作してます。

前回の製作より、より細かく調整をしての製作です。

フィギュアライズスタンダードの仮面ライダーファイズ

フィギュアライズスタンダードの仮面ライダーファイズ、再び製作しております。

このキット、昔はフィギュアライズ6というブランドで発売されていたキットのリファイン版。

最新のフィギュアライズの仮面ライダーキットとはフォーマットが違います。

関節が専用のポリ関節になっているので、動きは良いですが関節サイズがどうしても大きめに。

 

それでも仮面ライダーファイズの立体物としては悪くはない方だと思います。

が、しかしやっぱり人間・・・と考えるとラインがおかしい部分があるので、その辺り解消出来ればな~と。

 

とりあえず気になっていた肩の位置。

撫で肩で腕も真っ直ぐに下せない、やろうとすると肩カバーの位置がつられて動いてしまうのが気になるので修正。

 

肩のカバーは別パーツ化して、肩関節は表裏を入替え飛び出し感の押さえ。

二の腕も長い感じなので1ミリ程短く加工して・・・ヒジ関節周りなめらかラインにww

色々と調整してるので説明するのが難しいの~

 


肩のカバーはヒンジが目立つので埋めちゃいます。

可動は1.5ミリのスプリング。

 

この辺の修正で、腕を上げても脇の隙間感も軽減。

腕のラインも自然な感じかと・・・

 

太いベルトも修正します。

片側で1.5ミリ程度幅を詰めています。

 

そして、左右のハードポイントは若干ハの字のなるように加工。

 

もう一つの山場である脚部。

股間節のパーツは、少し肉盛りして太ももとの隙間感を軽減。

足首で1ミリ、ヒザ関節部で1ミリ詰めて、伸ばしてでシルバーのリング位置を全体的に下げました。

・・・これは正直、やらんでも良かったかもな~って感じwww

 

とりあえず、このキットで一番目立つヒザ関節の隙間!

シルバーのリングの欠けも直して、ふくらはぎも肉盛り。

関節パーツ自体も角を削って薄くしてと不自然なラインを潰していきます。

 

とにかくヒザ関節周りはラインがおかしい事になっているので、一番の修正ポイントかと思います!