完成品レビュー、HG1/144 オーガンダム

HG1/144 オーガンダム実戦配備型が完成しました。

ダブルオー放映当時に製作してから2度目の作業になります。

HG1/144 オーガンダムの改修

最近再販されたオーガンダムが手に入ったので製作しました。

スタイルやカラーリングなどがファーストガンダムのオマージュなガンダムですが、実際はかなりスタイリッシュな造形なので全然違うんですよね。

 

基本的な造形は悪くないので、ディテールアップメインで工作しました。

GFFオーガンダムを参考にスジボリを追加したり、手首やヒザ裏などをプラ板で塞いでディテールアップしています。

 

足首周りや肩アーマー裏などは隙間が大きくダボピンなども見えちゃうので、なるべく見えないようにプラ板などで造形をでっち上げww

 

一番気になったのが背中のGNドライブ。

キットの状態だと1/100並みに大きいので、ここはRGダブルオーのGNドライブを流用して製作しました。

ビームサーベル基部も肉抜きが目立つので塞いでおきます。

 

HG1/144 オーガンダムの紹介

うるさくならない程度の控えめなディテールアップとマーキングをメインとして製作しました。

 

マーキングはGFFオーガンダムやMGエクシアなどを参考に、手持ちのデカールから色々と使いました。

GN-000のマーキングはMGクアンタの物を流用してます。

 

ふくらはぎの部分はハセガワのカーボンフィニッシュシートを貼っています。

 

カラーリングは白い所だけ、グレーと2色を使い分けて塗装しました。

関節部や武器などのグレー部は3色を使い分け。

 

肩装甲裏やヒザ裏、足首辺りの影になる部分はジャーマングレーより少し黒いグレーで塗装しています。

黒だと逆に嘘っぽくなるので、あくまで濃いグレーで影色を入れます。

 

GNドライブはRGダブルオーのままだと少し小さいので土台にグレーのリングを追加して調整。

RGエクシアっぽい感じにしています。

 

股間節軸部は左右と回転軸があるのですが、グラグラと動きすぎてポージングしにくいので固定しました。

 

フロントアーマーも今回は左右連結したままです。

軸の固定やアーマー連結のままでも可動範囲への影響は少ないとの判断です。

それよりポージングのしやすさ、左右のパーツの位置がキチンと揃う事を重視しました。

 

胸のGNコンデンサーは蛍光ブルーグリーンで塗装して、内部も反射するようにメッキシールを貼りましたが・・・

見える範囲が少なすぎる為、殆ど意味がないですな(;^ω^)

 

サーベルの両手持ちも出来ます。

シンプルなデザインなんで、可動範囲は優秀ですね。

 

完成品レビュー、HG1/144 オーガンダムまとめ

というわけで、HG1/144オーガンダムを製作しました。

ダブルオー世界の第一世代、最初のガンダムに初代ガンダムをオマージュさせたデザインでシンプルながらもスタイリッシュなプロポーションがカッコいいオーガンダム。

 

MG規格で製作してみたいな~と思ったりもするのですが、使えそうなパーツが案外すくない感じ。

雰囲気に騙されますが、他のガンダムに似てるようで結構似てないww

 

プロポーション的にはAGE-1が近い感じだと思うんですが、デザインが全然違いますからね~

今回はHGをまじめに製作しました(≧▽≦)