MG1/100ゴッドガンダム製作記その2

ハイレゾリューションGガンダムを部品取りにした、MGゴッドガンダムの製作の続きです。

試行錯誤しながらのミキシングが苦労でもあり、楽しくもありますwww

脚部やバックパックの改造

ハイレゾリューションモデルのコアランダーは、ほぼ流用になるんですが合体に関してはオミット。

 

機首部分をカットして、本体との接続部を作ります。

接続部は、見えなくなるので割と適当ですwww

 

ゴッドガンダムと言えば、ハイパーモードの日輪なのですが・・・

ハイレゾリューションモデルではウイングに穴が開いていて、そこへピンで接続というビックリ仕様ww

 

それは日輪を付けてないと、ウイングに穴が開いているという事で非常に見映えが悪い・・・

ウイングの穴に、ネオジム磁石を入れて丸モールドで挟み込み!

日輪を抑えるピンにもネオジム磁石を仕込んで、磁石で取付け仕様にします。

 

穴は、頑張れば塞げないこともなかったのですがディテールとして残す方向としました。

 

脚部は基本的にはフリーダムガンダムですが、ヒザやアンクルガードなどにゴッドガンダムの意匠を盛り込みます。

 

造形に一番頭を悩ませたのがふくらはぎの開閉ギミック。

無しにしようかとも思ったけど、ハイパーモードで開かないのはやっぱり悲しいので開閉ギミックを盛り込む!

 

開閉ギミックは、開く範囲を変更して盛り込みました。

外装は、ハイレゾとMGスリーダムが微妙に混在していますwww

内部フレームは、結構カットしたので補強しています。

 

頭部は分割ポイントを変更。

なんか頭部の輪切りみたいでカッコ悪かったwww

あと、ハイレゾリューションモデルはエッジやディテールがなぜか甘いので面出しやモールドの堀直しとかしっかしやらないとです(*´Д`)

 

 

MG1/100ゴッドガンダム製作記その2まとめ


上半身に関しては、割とハイレゾリューションモデルのパーツを移植しましたが脚部はほとんどMGフリーダムガンダムVer2.0ベースです(;^ω^)

ハイレゾの脚部は、ゴリマッチョすぎて使えないっす・・・

それにしても、ハイレゾリューションモデルのパーツはエッジが丸いしディテールも緩いのは何故なんだろう?

ちょっとトイっぽいヌルさだよね~

 

しっかりとパーツの精度を上げる加工をしておかないとMGの部分バランスが取れないですな。

ミキシング加工に関しては、ほぼ終わった感じ。

なので後は表面処理をして綺麗にせねば!

早く塗装に入りたいね~(*´Д`)