1/100 フルメカニクス ガンダムバルバトスルプスを買っちゃいました!


第二期機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズが絶好調!
登場するMSのキットも目白押しで発売されていますね。
そして、主役機のガンダムバルバトスルプスの1/100がついに発売されたので購入しました!

スポンサーリンク

1/100 フルメカニクス ガンダムバルバトスルプス、キットの説明

lup1

REALIZE DETAIL
1/100スケールに描かれるハイディテール!⇒公式設定を担当するMSデザイナーがディテールを書き下ろし。アニメでは、書ききれない、より実機に近いメカニカル感あふれるディテールを施し立体化!ガンダムバルバトスルプスをフェイス部分から四肢に至るまで密度あるディテールで再現!!肩部分の鉄華団マークはパーツ分割で再現!!

MOVIE ACTION
1/100スケールだから実現できるギミック!⇒劇中シーンを容易に再現できる本体の可動を実現!さらにそのメカニカルなギミックを高い再現度で搭載。各種武装を多彩なギミックで再現!武装を構えたポージングも、可動範囲の広さにより、見栄え良くきまる。
腕部200mm砲はレールスライドギミックを搭載砲身の回転機構をメカニカルに再現!

REALIZM FLAME
ガンダムフレーム再現!⇒ガンダムフレームを細部に至るまで再現!ガンダムフレームの新の姿が1/100で姿を現す!!外装は脱着式!内部にはガンダムバルバトスルプスの新フレームを設定どおりに再現!可動の根幹を支える!

【付属品】
ソードメイス、腕部200mm砲×2、平手(左・右 各1)、握り手(左・右 各1)

【商品内容】
成形品×10、ホイルシール、組立説明書

□価格:3,240円(税込)

引用元: 早耳ガンプラ情報局

1/100 フルメカニクス ガンダムバルバトスルプス キットの紹介

第二期機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズの1/100シリーズ第一弾として発売された、ガンダムバルバトスルプス。

lup3
全くの完全新規ではなくて、内部フレーム部分は第一期のバルバドスがベースとなっています。
手が長くなっていたりするんで、そういう所は新規の延長パーツなどが使われていますね。
そして、完全新規の外装パーツが被さる感じですね。

 

lup2
無印の1/100キットなんですが、内部フレームを再現した構造なんで結構パーツ数が多いです。
色分けに関しても1/144のHGに比べて、しっかりしていますね。
HGも頑張っていましたが、やっぱり値段を抑えていたのでパーツ分割が厳しかったり、色分けがシールに頼る部分が多かったですからね。

武器に関しては、200mm砲とソードメイスが付属しています。
第一期のバルバトスのときは、1/144に付属したメイスが1/100では第6形態まで付属しなくて残念でした。
今回は、メイン武装のソードメイスがきっちり付属していて、キットの内容で劇中のイメージをきっちりと再現できますね。

また、今回のシリーズからはグレード表記にフルメカニクスと歌っています。
以前より、フレームの再現度は上がっていますが、ほかに外装のディテールが細かく、モールドも入っていて、密度感が出ていてかっこいいです。

スポンサーリンク

 

1/100 フルメカニクス ガンダムバルバトスルプスまとめ

以前のバルバトスからすると、情報量が圧倒的に増えているので非常に満足感の高いキットだと思います。

しいて悪い点を挙げるならば、ソードメイスの肉抜きが目立つ点、ここまでの内容でしっかりとした握り拳のハンドパーツがない点、無印の1/100としては価格が高い点でしょうか?

実は、鉄血のオルフェンズのキットを買うのは今回が初めてなんですよ(;^_^A
というのも、キットの内容とデザインのバランスが悪く感じてしまって・・・

まあ、ストーリー展開として武器や外装パーツを現地調達って流れだったんで仕方ないかもしれませんが。
どっちにしても、ちょっとカッコいいって感じるレベルじゃなかったんです。

しかし、今回のガンダムバルバトスルプスは徹底回収した完成系としての登場なんで、素直にカッコいいですね。

キットの出来は良いので、アンテナや平手の爪を尖らせて、色味や質感に幅を持たせて塗り分ければ、見映えは良くなるかと思います。

あとは、この時のために買っておいたモデルグラフィックス2016年11月号付属のデカールを使えば、バッチリです!

スポンサーリンク