HGBF 1/144ガンダムトライオン3製作記

「ガンダムビルドファイターズトライ」に登場する。サカイ・ミナトが所属する天大寺学園のZZガンダムをベースにしたガンプラ。
「レッツ・トライ・オン」のかけ声と共に三機の動物型メカが合体して人型となる。

HGBF 1/144ガンダムトライオン3製作記

往年の勇者系ロボを彷彿とさせるシルエットのガンダムトライオン3

キットはZZガンダムがベースですが、劇中のイメージやパッケージのイラストからすると全体的にボリーム不足に感じるので、その辺りをメインに改造していきます。

 

トライオン3改造前フロント
トライオン3改造後フロントイメージは大張さんのイラストのパッケージ。

肩と脚部をメインにボリュームアップ。

面出しを全体に処理してカッチリした見た目を目指します!

 

トライオン3改造前リア
トライオン3改造後リアリアのリクトライオンはほぼキットのまま。

ダブルキャノネードを少し長くして、左右に開くように改造。

 

トライオン3改造前サイド
トライオン3改造後サイド
サイドから見ると、脚部のツメのボリュームアップが効いていると思います。

 

トライオン3ヒートウイング腕のヒートウイング、黄色いデザインはシールでモールドもないので塗装出来るように0.3ミリプラ板で作り直し。

 

トライオン3腕肩の装甲は前後に0.5ミリプラ板を貼って厚み増し。

上の板も延長、途中で3ミリと先端で2ミリ。

横のディテールはヤスリ掛けでいったん落として0.3ミリプラ板で作り直しです。

 

トライオン3頭部頭部は顔のパーツをシャープに削り込み。

アンテナも当然シャープに。

額のキャノンは下方を1ミリ、上は0.5ミリプラ板でボリュームアップ。

特にキャノンの下側は何故かとっても短いので、延長しないと顔付きがぬるいので必須かな?

 

トライオン3胴体胴体は、やっぱりリクトライオンの顔がキモ!

鬣や牙は少し延長してからシャープに削りだします。

額は0.5ミリプラ板で少しボリュームアップ。

目はフチを大き目に削り込んで、中の目を一回り小さいイメージに加工しました。

 

トライオン3腰腰のスカートも丸い線を直線的にして延長。

とにかく大張さんテイストの為にエッジを立てますwww

 

トライオン3脚部一番改造範囲が広いのが脚部。

太ももは上面で1ミリ延長し、角は太目に削ってます。

ソール部分は丸いラインは直線的に削って、横を0.5ミリプラ板で厚みを出したくらい。

 

トライオン3脚部磁石ひざ下からの脚部はサイドのスラスター部で1ミリずつ、間の部分で0.5ミリプラ板を両面に張ったので全体で横幅が3ミリボリュームアップしてます。

黄色いツメは2ミリほど厚みを足してます。

そして、ボリュームアップした為サイドのスラスターの取付けが甘くなってしまったのでハイキューパーツ ネオジム磁石 丸形ブラック 直径4mm×高さ2mmを組み込んでロックするように改造。

 

トライオン3脚部ツメツメの下側は、かなりのボリュームアップ。

アームは前後に1ミリプラ板を貼っています。

先端のツメは基部で左右で2ミリずつ、下方に1ミリ幅増し。

横を段落ちにしてモールドパーツを貼付け。

ツメは片側で横幅を2ミリ、根本も2ミリボリュームアップ。

多分、ここが一番元からボリュームアップされてます。

 

トライオン3ライオンリクトライオンの胴体は、割とそのままでダブルキャノネードのアームや足裏の肉抜きを埋めたくらいです。

あとは、顔が付いたときに首の隙間が目立ったのでダクトっぽいパーツを取付けて誤魔化しますwww

 

トライオン3キャノンダブルキャノネードは合体時の見た目で左右に開くように、可動部をボールジョイントに変更。

ビームサーベルが付く所は輪っかに差し込みだったので、塗装すると絶対色が剥がれる・・・ので差し込み接続に変更しました(*´Д`)

ついでに、その基部の所の作り込みで3ミリほど長さを延長しました。

 

トライオン3剣目玉の超咆剣ハイパーミノフスキー!

ソラトライオンの頭部パーツとの接続が柄のパーツを差し込むだけでグラグラなので、とりあえず段差合わせで上側に1ミリプラ板を貼りつけ。

 

トライオン3剣内部ただ差し込んでいるだけなので、それだけではグラグラのまま。

軸の差し込み穴はソラトライオンの時にはボールジョイントが入るのでポリキャップとかも仕込めません・・・

ですんで、赤丸のところにハイキューパーツ ネオジム磁石 丸形ブラック 直径4mm×高さ2mmを組み込んでビシッと密着させます。

少し隙間が出来ますが、磁力が強いのでしっかりと固定されます。

 

HGBF 1/144ガンダムトライオン3製作記まとめ

模型製作会のコンペ用で製作を始めたガンダムトライオン3。

劇中のイメージは完全に勇者系ロボのノリで、作画に大張さんが携わっているのでカッコいい!

完全にリアル系ではないのですが、キットは元のZZガンダムを反映して迫力不足。

アニメやパッケージのイラストを参考にキットとにらめっこして、改造するポイントを検討しました。

結果として肩と脚部をボリュームアップする路線で改造しました。

特に脚部は結構な大型化。

あとは全体のラインの丸い所を落としていってカッチリと。

腕や太ももなど角面を太くしたりして、かなり力強い感じになったのではないかと思います。